高血圧と外食の関係

高血圧と外食の関係

高血圧を予防するための、その他の注意点としては、外食を利用する場合になります。外食においては特に、食塩や栄養のバランスを考えて選ぶことが大切です。外食は一般的に、食塩が多い上に、エネルギー量も高く設定されています。そして、野菜は不足しがちになってしまうのです。外食は基本的にお勧め出来ませんが、現代において、それは生活環境によってなかなか難しいでしょう。だからこそ外食をする必要がある時は、食塩とエネルギーの過剰摂取に気を付けることが大切です。具体的には、めん類のつゆや味噌汁、スープなどは、極力飲まないことをお勧めします。また、ピラフ・チャーハン・炊き込みご飯などの味付けご飯や、カレーライスは、食塩の量が多く含まれているので、高血圧の症状が特に酷い場合には、なるべく控えることが望ましいでしょう。さらに、漬物は残して、醤油やソースなど、付けたりかけたりする調味料も、量が自分で調節出来てしまうことで、あまり良いとは言えません。