高血圧のレベルを把握する

高血圧のレベルを把握する

高血圧というのは、いくつかの段階があります。その中で自分はどのレベルなのかを知ることも大切です。レベルが高ければ高いほど、当然ですから危険だということになりますので、合併症を引き起こす可能性も高くなります。自分では高血圧であることに気付きにくいですから、大丈夫だと思っていても、実は高血圧のレベルが高かったという場合もあります。

成人の場合、至適血圧は収縮期血圧120未満、且つ拡張期血圧80未満になります。正常血圧は130未満且つ85未満、正常高値血圧130139、又は8589I度高血圧は140159、又は9099II度高血圧は160179又は100109III度高血圧は180以上、又は110以上になります。単位は全てmmHgです。

これは、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドライン2009で定められているものです。高血圧の中でも3段階ありますので、きちんと確認しておきましょう。レベルが高いようであれば、きちんと治療を受ける必要もあります。軽度の場合であれば、自分で改善できる可能性もありますので、まずは数値を計測した上で判断してみましょう。