栄養のバランスを考えて高血圧を予防2

栄養のバランスを考えて高血圧を予防2

高血圧を予防するためには、栄養バランスを整える必要があります。具体的には、主食、主菜、副菜になります。副菜は、ビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含んだ食品になります。特に新鮮な野菜や果物には、微量であり生体の正常な発育や物質代謝を調節して、生命活動に不可欠な有機物である「ビタミン」、カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・燐(りん)・硫黄・鉄などの無機塩類である「ミネラル」、植物繊維のセルロース、ペクチン・リグニン・アルギン酸などからなる「食物繊維」がたくさん含まれているのです。その中でも、カリウムは特に、余分なナトリウムを尿中に排泄してくれる作用を持っています。ナトリウムを排泄してくれることは、血圧を下げることに繋がります。だからこそ、カリウムは効果的なのでたくさん摂取しましょう。また、食物繊維は便秘の予防にも有効です。しかしながらも、血糖値や中性脂肪値が高い人は、果物の過剰摂取に気を付ける必要があります。腎臓病などにおいて、カリウムを制限する必要がある人もいるため、必ず自身の状態を専門機関や主治医などに相談するようにして下さい。