食品に含まれている食塩量の具体例

食品に含まれている食塩量の具体例

私たちが普段口にする食品において、その食塩量をしっかりと把握しておくことで、高血圧を防ぐための減塩食事療法へと役立ちます。日本食品標準成分表を参考にして、1つ1つの食品に、どの程度食塩が含まれているのか理解しましょう。具体的には、6枚切りの1枚当たりの「食パン」60gにつき、0・8g、「たくあん漬」20gにつき、0・9g、1玉当たりの「茹でうどん」220gにつき、0・7g、「白菜キムチ」30gにつき、0・7g、中1枚当たりの「アジの干物」60gにつき、1・0g、1個当たりの「梅干」6gにつき、1・3g、小さじ2杯当たりの「すじこ・たらこ」10gにつき、0・5g、小さじ2杯当たりの「のり佃煮」10gにつき、0・6g、1枚当たりの「はんぺん」60gにつき、0・9g、レトルト1袋当たりの「ビーフカレー」210g、2・8g、大さじ1杯当たりの「いか塩辛」20gにつき、1・4g、1個当たりの「冷凍しゅうまい」17gにつき、0・2g、1枚当たりの「ロースハム」20gにつき、0・5g、調味料を含んだ1袋の「即席ラーメン」100gにつき、6・4gになっています。