高血圧にならない減塩ポイント1

高血圧にならない減塩ポイント1

高血圧を防ぐためには、食事療法が大きな鍵になってきます。まずは食事の上で、食塩の摂取を制限するように心掛けましょう。食塩を過剰摂取することは、血圧を上げる大きな要因になってしまいます。献立や調理法だけでなく、食品自体の選び方にも工夫をして、減塩を意識した食事をして下さい。加工食品に含まれている食塩を合わせると、1日に6g未満と設定されていますが、食事においての食塩の摂取には個人差があることから、どの程度に制限すればよいのかを、必ず専門機関や主治医などに確認することをお勧めします。高血圧の具体的な減塩ポイントですが、まずは干物などの塩蔵品や、漬物や佃煮などの食塩が多く含まれている加工食品を控えるようにしましょう。さらに、煮物や汁物にする場合は、天然のダシを使用してみて下さい。既に出来上がっているダシは、塩分が多く含まれています。天然の食品を用いることによって、最初は物足りなく感じるかもしれませんが、味覚は次第に慣れ、本当に美味しいものの発見へと繋がるはずです。