血圧の上昇作用のあるレニン

血圧の上昇作用のあるレニン

レニンは血圧を上昇させる作用がありますので、高血圧の人はレニンがなるべく分泌されない環境を作ることが大切です。レニンは腎臓で分泌されるのですが、レニンはナトリウムの再吸収を促進する作用のあるホルモン、アルドステロンの分泌を促進させる作用があります。つまり、レニンそのものが血圧を上昇させるわけではなく、レニンの分泌量が多くなることにより、ナトリウムが再吸収されやすくなって血液の量が増え、血圧が上昇するというわけです。

人間の体はなるべく血圧を一定に保とうとする働きがありますが、様々な理由によって血圧が上昇しやすい状態になると血圧の上昇がセーブできなくなり、高血圧の状態になってしまう場合があります。高血圧の方は体内でレニンなどの分泌量に異常が生じている可能性もありますので、一度レニンを調べてみると良いかもしれません。血液を採取することにより簡単に調べることができますので、高血圧の方は一度調べてみてはいかがでしょうか。