高血圧のリスクファクターを知る

高血圧のリスクファクターを知る

高血圧にはいくつかのリスクファクターがあります。高血圧に繋がる要因を知ることにより、高血圧を予防・改善に繋げることができる可能性がありますので、まずは基本的な情報を身に付けることから始めてみましょう。

高血圧のリスクファクターとして、まず遺伝が挙げられます。これは避けることはできませんが、両親や近親者が高血圧の場合、遺伝によって自分も高血圧になってしまう可能性があります。最近は高血圧の人が増えているため、遺伝によって起こっていたとしても不思議なことではありません。

また、年齢もリスクファクターの一つです。年齢を重ねるとどうしても高血圧になる可能性は高まります。人間は年を取ると血管も衰えてきてしまいますので、高血圧などのトラブルに繋がりやすくなるのです。

避けることができる要因の一つに塩分の過剰摂取が挙げられます。塩分は血液を上昇させる大きな原因ですから、塩分を過剰摂取するような食生活を続ければ、当然血圧は上昇してしまいます。

肥満の場合も血圧の上昇に繋がりますので、反対に痩せることによってリスクを減らすことができます。飲酒も高血圧の原因であり、脳卒中や心不全などの合併症にも繋がりやすくなります。

その他の原因も多々ありますが、このような要因が挙げられますので、意識して取り除くように心がけてみてください。