高血圧の治療に用いられる利尿薬の危険性

高血圧の治療に用いられる利尿薬の危険性

高血圧を利用するにあたり、利尿薬が処方される場合もあります。利尿薬は高血圧に繋がるナトリウムの排出を促進する作用があるものであり、ナトリウムだけでなく水分の排出も促進して、血液の量を減らすことによって血圧の上昇を抑えることができるのです。

これだけ見ると、非常に高血圧に効果が期待できそうだと思うことでしょう。しかし、利尿薬は注意しなければならないこともあります。体内の水分も排出されやすくなってしまうため、体内の水分が不足すると血液がドロドロになってしまう危険性も考えられます。また、利尿薬の副作用として、低カリウム血症や高血糖、高尿酸血症なども挙げられますので、そのような副作用が現れる危険性があることをきちんと把握した上で服用する必要があります。

また、飲み過ぎによって副作用などのトラブルも現れやすくなりますので、きちんと用法、用量を守ることも大切になります。利尿薬は高血圧の改善効果は高いですが、できればその他の方法によって、なるべく体に負担を掛けずに治療できるのが最も良いでしょう。