高血圧の食生活バランス1

高血圧の食生活バランス1

高血圧を予防するため、特にその原因となり得る肥満にならないようにするためには、エネルギーの摂取にも気を遣う必要があります。なぜなら、肥満は血圧の上昇に大きく影響しているからです。エネルギーの過剰摂取になりやすいものとしては、穀類、菓子類、また嗜好飲料などの糖分、そして揚げ物や調理油などの油脂が挙げられます。こうしたエネルギーの過剰摂取を注意することによって、高血圧の予防に繋がるわけです。そして、食べ方として、早食いは特にエネルギーの過剰摂取に繋がると言います。だからこそ、食事はよく噛んで、ゆっくりと食べるように気をつけていきましょう。栄養のバランスを考えて、3食規則正しく食べることが大切です。毎食あたり、主食・主菜・副菜という3つを揃えるだけでも、栄養のバランスを保つことが出来ます。主食は、炭水化物を多く含んだ食品です。ご飯・パン・めん類などは、量を決めて、毎食食べるのが理想です。主菜は、良質のたんぱく質を多く含んだ食品になります。たんぱく質は、血管を強くしてくれるので特にお勧めです。魚や脂肪の少ない肉、さらには卵・豆腐などの良質のたんぱく源を、毎食必ず1品は食べれることが望ましいです。