なぜ血圧は上がるのか?3

なぜ血圧は上がるのか?3

高血圧の原因となりやすい肥満には、特定の病名が付けられています。それが、現在においては広く周知されている「メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)」になります。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満に対して、高血圧・高血糖・脂質異常の中のどれか2つ以上を併せ持った状態になります。内臓脂肪の過剰な蓄積の場合、高血圧症だけでなく、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病が併発する可能性が高くなると言われています。また、精神的ストレスも高血圧の原因になるそうです。精神的なストレスは、血圧を一時的に急上昇させるのです。このようなストレスが繰り返し起こると、交感神経の緊張状態が続いて、血管は収縮していきます。よって、血圧が高い状態を持続するようになってしまうわけです。喫煙もまた、その1つに挙げられます。タバコに含まれているニコチンには、血圧を上げる作用が含まれているのです。タバコは、動脈硬化をも進行させてしまうことから、狭心症や心筋梗塞のリスクも上がっていきます。