様々な高血圧

様々な高血圧

高血圧には、実は種類が存在します。大きな2つに分けられ、原因が分からない「本態性高血圧」と、原因が明確に把握出来ている「二次性高血圧」とになります。本態性高血圧は、原因がはっきりしない高血圧症であり、およそ9割の患者が、本態性高血圧だと診断されているのが現状です。血圧が上がるには、いくつかの要因が複雑に絡み合っています。これによって、高血圧が発症するわけです。血圧を上昇させる要因の中には、遺伝的素因と環境因子とが含まれています。遺伝的素因の場合、高血圧症になる体質が、あらかじめ遺伝すると考えられています。環境因子の場合、食塩の過剰摂取、肥満、飲酒、運動不足、精神的なストレス、喫煙などが、血圧を上げる主な要因となっているそうです。ちなみに二次性高血圧では、高血圧の原因になっている病気などが明確にされているのが普通です。この時の高血圧は、その病気の1つの症状として、出ると考えられています。原因となる病気として主に挙げられるものは、腎性・内分泌性・血管性・薬物になります。