高血圧の仕組み

高血圧の仕組み

そもそも血圧とは、その名前が示す通りに、血管の中を流れている血液が、血管壁に与える圧力のことを言います。血液は、心臓のポンプ作用によって、全身の血管に押し出されていくのです。心臓が収縮することによって、血液が送り出されます。この時、血圧が最も大きくなり、この血圧の状態が「収縮期血圧(最高血圧)」になります。それとは反対に、心臓が拡張する際、血圧が最小となる血圧のことを「拡張期血圧(最低血圧)」と言っています。血圧が少し高かったとしても、ほとんどの場合、あまり自覚症状がないそうです。しかしながらも、高血圧の状態が長期間放置されたままになると、動脈硬化へと至ります。動脈硬化は、脳卒中などの脳血管疾患、心臓病、腎疾患など、多くの疾病を併発する可能性があるのです。日本高血圧学会による、高血圧治療ガイドライン2009によると、高血圧の基準値は、診察室血圧値において、140/90mmHg、家庭血圧では135/85mmHgとしています。これ以上の値になった場合には、高血圧として治療が必要な状態とされています。