高血圧網膜症に注意しましょう

高血圧網膜症に注意しましょう

高血圧であることにより、網膜に支障をきたす場合もあります。高血圧網膜症というのは、高血圧が原因で網膜の血管が細くなってしまい、網膜出血や網膜白斑が起こってしまう状態を指します。また、網膜浮腫などが起こり、視力低下に繋がることもあるのです。

自分ではなかなか高血圧網膜症であることに気付きにくいと言われています。最初は少しもやがかかったように見えるだけですから、そこまで不安にならないことでしょう。しかし、徐々に症状が進化すると視野が狭くなったり、全体的にぼやけて見えにくくなってしまうことがあります。そのまま放っておくと症状は進行するばかりですから、早めに適切な治療を受けなくてはなりません。

高血圧の場合は血管が収縮してしまうのですが、目の網膜にも血管があります。この部分も収縮してしまうことにより、様々な症状が現れるのです。血液の流れが悪くなると視力が低下すると言われていますが、高血圧であることにより、ただ視力が低下するだけでは済まなくなるかもしれません。

高血圧の場合は高血圧網膜症を引き起こす可能性があることから、定期的に眼底検査を行った方が良いと言われているほどです。眼底検査によって高血圧網膜症かどうかを判断することができるのです。面倒だと思わずに、早期発見をするためにもきちんと検査を受けることをおすすめします。そしてもちろん、このような合併症を引き起こさないためにも、早く高血圧自体を改善できるようにしたいものです。