高血圧の目安を把握しましょう

高血圧の目安を把握しましょう

家庭で血圧を計測する際には、高血圧の目安を把握しておくと良いと思います。数値的になんとなく高そう、低そうだと思うだけでなく、しっかりと自分の血圧が正常なのか高血圧なのかを考える必要があるのです。それで無ければ、計測した時はかろうじて平常値であっても、そのまま放っておくとすぐに高血圧になってしまう可能性も考えられます。自宅で血圧を測定する場合、収縮期血圧は135mmHg以上、若しくは拡張期血圧が85mmHg以上だと言われています。この数値は、通常の高血圧の数値よりも低めになっているのですが、なぜ低めなのかというと、家庭で計測した方が血圧は低くなる場合が多いからです。

病院で血圧を計測するとなると、無意識でも緊張して血圧が上昇してしまいやすいと言われています。家庭というのは最もリラックスできる場所ですから、血圧も安定しやすいのです。ですから、この数値を目安とした上で、自分の血圧を計測してみましょう。