高血圧が目に与える影響は?

高血圧が目に与える影響は?

高血圧であることにより、目に悪影響を与える可能性も考えられます。たとえば、高血圧性網膜症というものがあるのですが、これは高血圧であることによって起こる症状なのです。

目にも血液が流れており、血液によって目に必要な栄養素も行き届けられています。しかし、血圧が高くなるということは、血液の流れが悪くなるということです。末梢血管が収縮することにより、高血圧性網膜症になる可能性が考えられます。少し血液の流れが悪くなった程度で高血圧性網膜症だと診断されるわけではなく、血液の流れが非常に悪くなった際に、この病気だと診断されるのです。

高血圧性網膜症になると、むくみ、小梗塞などが起こってしまうこともあり、網膜に多大な影響を及ぼしてしまうのです。場合によっては壊死する可能性もありますので、早めに気づいて治療をする必要があります。自分ではなかなか気づきにくいかもしれませんが、高血圧の方でもし目に異常を感じたのであれば、受診するようにしましょう。