睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群について

最近は睡眠時無呼吸症候群の人が増えていると言われていますが、これは寝ている間に急に呼吸が止まってしまう症状になります。この睡眠時無呼吸症候群は、高血圧と深い関係があるのですが、高血圧であることによって合併症として睡眠時無呼吸症候群を引き起こすと言われているのです。

高血圧により、夜に覚醒反応が起こり、交感神経が興奮したり、低酸素血症を引き起こすと言われています。また、喉がふさがりやすくなり、静脈の血圧が上昇するとも言われているのです。肥満であることにより、更に睡眠時無呼吸症候群になりやすいとも言われているのです。睡眠時無呼吸症候群になると、呼吸が止まりますので当然血圧が高くなってしまいます。非常に危険な状態になりますので、そのような状態が続くと心臓疾患に繋がる可能性もあるのです。

自分で睡眠時無呼吸症候群であることに気付きにくいとは思いますが、たとえば日中に眠くなることが多いのであれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。また、家族などにチェックしてもらっても良いでしょう。放っておかずにきちんと治療をすることが大切です。