高血圧によるむくみの原因

高血圧によるむくみの原因

高血圧であることにより、むくみが生じることもあります。なぜむくみが生じるのかというと、体内に余分な老廃物や水分が皮下脂肪に溜まることによって、むくんでしまうのです。通常であれば、余分な老廃物や水分は自然に排出されるものなのですが、高血圧の場合は血液の流れが悪くなっており、血液の中に含まれている老廃物や水分が上手く排出されなくなってしまうのです。

あまりにもむくみやすい場合には、高血圧の可能性があります。血液の流れを促進することがむくみの解消に繋がりますし、高血圧の改善にも繋がります。なかなか難しいことかもしれませんが、血行を促進する方法は多々ありますので、実践することが大切です。そのまま放っておくと、動脈硬化を引き起こすこともあるのです。

むくみをそのまま放置してしまうと、肥満に繋がるとも言われています。高血圧は肥満にも繋がると言われているのですが、そこからまた別の病気に繋がる場合もあります。むくみには充分注意しなければなりません。また、水分を摂取しすぎたり、塩分の摂取量が多い場合は余計にむくみやすくなりますので注意しましょう。なるべく血行を促進するために、むくみやすい部分をマッサージしたり、軽い運動をするなどして、血行を促進するように心がけてみてください。