高血圧と慢性腎臓病の関係

高血圧と慢性腎臓病の関係

慢性腎臓病はCKDとも言われますが、高血圧が原因で慢性腎臓病に罹ってしまう可能性もあるのです。高血圧の他、糖尿病や慢性腎炎が原因で起こるとも言われていますが、高血圧と糖尿病にも関係がありますので、いずれにしても慢性腎臓病を予防するためにも、きちんと高血圧を改善することが大切です。

慢性腎臓病の症状として、疲労感やむくみ、貧血などが挙げられます。これらの症状が現れてすぐに病気だと気付かない人は多いでしょう。その上、初期段階では自覚症状が無いと言われているため、気づきにくい病気なのです。

健康診断を受けた時に、血液検査や尿たんぱく、GFR値などを見ることによって判断することができます。もし異常が見られた場合には、早めに受診をして正しい診断を受けることが大切です。きちんと治療をすることができますので、早めに気づきたいものです。慢性腎臓病を改善するためには、血圧を下げることも大切だと言われていますので、いずれにしても高血圧の治療は必要になります。高血圧と慢性腎臓病には深い関係がありますので、更に合併症を引き起こさないように注意しましょう。