閉経前には高血圧に要注意

閉経前には高血圧に要注意

女性は年齢を重ねていくうちに、どこかで閉経を迎えることになります。更年期になると閉経をすると言われていますが、閉経する前の段階で、徐々にホルモンの分泌量が少なくなってくるのです。それによって生理不順が起こり、気づけば全く生理が来なくなって閉経を迎えることになります。

ホルモンの分泌量が徐々に減っていくに従って、実は高血圧になる可能性も高まるのです。女性の体内で、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減ると、太りやすくなると言われています。必ずしも太ってしまうわけではありませんが、ついつい食べ過ぎてしまうなどの理由により、気づけば肥満になってしまうこともあるのです。

肥満は高血圧の大敵であり、肥満が理由で血圧が上昇しやすい状態になってしまいます。その上、年齢を重ねるにつれて、体の代謝能力も落ちてしまいますので、より太りやすく、そして高血圧にもなりやすくなります。

閉経前には正常だった血圧が、いつの間にか高くなっていたという可能性もあります。そこから動脈硬化などを引き起こす場合もありますので、それを防ぐためには、閉経前にきちんと高血圧対策をしておくことが大切です。対策が出来ていれば肥満を防ぐこともできるでしょうし、合併症予防にも繋がります。閉経前は様々なトラブルが起こりやすいからこそ、きちんと健康な毎日を送れるように工夫してみましょう。