高血圧はなぜいけないと言われているのでしょうか?

高血圧はなぜいけないと言われているのでしょうか?

高血圧は非常に危険視されており、少しでも早く血圧を改善した方が良いと言われています。高血圧にはどのような弊害があるのかきちんと把握することにより、万が一高血圧になった時にも、迅速に対応できるのではないかと思います。

高血圧になることにより、命の危険に繋がる合併症を引き起こす可能性が高まります。血圧が高い状態が続くと、血管が破裂してしまったり、血液の中に血栓が出来て血液の流れが悪くなったり、最悪の場合は血液の流れが止まってしまうこともあるのです。そうすると脳などに必要な血液が行き届かなくなり、死に至る場合もあります。高血圧であることにより、血管などに大きな悪影響を及ぼしますので、危険だと言われているのです。

血圧が少し高い位であれば大丈夫だと思うかもしれませんが、ちょっとした理由でも、それが毎日の習慣になれば、すぐに血圧は上昇してしまうのです。たとえば毎日塩分を摂り過ぎていると、どんどん血圧は高くなってしまう可能性があります。大切なのは、きちんと毎日血圧を測定して、自分の状態を把握することです。もし血圧が高めなのであれば、血圧を下げる努力をしましょう。それが合併症の予防にも繋がりますし、その他の病気の予防にもなるでしょう。なかなか難しいかもしれませんが、高血圧には様々な弊害がありますので、きちんと危険性を理解してください。