血圧日内変動とは?

血圧日内変動とは?

人によって一日の血圧の状態は様々です。通常の血圧の人でも、一日のうちで血圧は大きく変動しています。たとえば、朝起きた時から血圧は徐々に高くなっていき、夕方から夜にかけては徐々に血圧が低くなるようになっているのです。そうして、寝ている間は最も血圧が低い状態になるのですが、これを血圧日内変動のリズムと言います。

但し、全員が同じような血圧日内変動であるわけではなく、人によっては夜になっても血圧が下がらないこともあるのです。そうすると、寝ている間も血圧が高い状態になり、眠りづらくなってしまう場合もあります。高血圧の方の中には、このような症状で悩まされている方もいますので、まずは自分の血圧日内変動のリズムを知ることが大切です。

もし大きくリズムが崩れているようであれば、24時間自由行動下測定を行った方が良いでしょう。これは病院などで24時間血圧計を付けて、血圧の変動を見るものなのです。24時間血圧の動きを知ることにより、自分がどのような状態なのか分かりますので、今後の高血圧の治療にも役立ちます。もし気になる症状があるのであれば、まずは朝と夜に血圧を測定して、状況を判断してみてください。