高血圧の症状である浮腫

高血圧の症状である浮腫

高血圧の症状として、浮腫、つまりむくみが挙げられます。むくみというのは、体内に老廃物や余分な水分が溜まっている状態を指します。人間の体内のほとんどは水分だと言われており、体にとっては必要なものです。しかし、あまり水分を摂り過ぎるとむくみなどに繋がってしまうのです。

また、むくみは肝臓の衰えによって起こるとも言われていますが、高血圧になることにより、肝臓に必要な栄養素が行き届かなくなるために肝臓の機能が衰えてしまうとも言われています。つまり、高血圧によって肝臓の働きが悪くなり、それがむくみに繋がるということなのです。

高血圧の上にむくみが生じている場合には、きちんとむくみ対策をすることをおすすめします。そのまま放置してしまうと、脂肪が蓄積されやすくなり、肥満の原因にもなるのです。肥満は更に血圧上昇へと繋がるため、悪循環に陥ってしまいます。ですからむくみにも充分注意してください。