降圧剤の副作用に注意しましょう

降圧剤の副作用に注意しましょう

高血圧の治療をするにあたり、降圧剤が欠かせないこともあります。特に血圧が高い場合には、合併症を防ぐためにも降圧剤が処方されることも多いのですが、その時には薬の副作用についても説明を受けることでしょう。

降圧剤も薬ですから、副作用があります。軽いものもあれば重いものもあり、薬の種類によって異なります。降圧剤にも様々な種類があり、その人の症状などから医師が判断することになります。副作用も気になるでしょうから、もし医師から説明が無かったとしても、自分から聞くようにしましょう。

薬が強ければ強いほど、副作用は強くなるものです。ですから、ただ強い薬を使って血圧を下げれば良いと思うのではなく、出来る限り薬には頼らずに、自力で血圧を下げることを意識してみてください。また、副作用などが現れにくい漢方などもありますので、そのような方法を検討してみても良いでしょう。