高血圧とアルコール・喫煙の関係

高血圧とアルコール・喫煙の関係

高血圧の改善としては、アルコール制限、つまり節酒も有効であると考えられています。アルコール摂取の場合、一時的な血管拡張によって降圧が認められますが、飲酒の習慣は、血圧を上昇させると言われています。毎日飲酒の習慣がある人は、10歳の加齢に相当する血圧値を示すのです。降圧効果は、1~2週間以内に現れるとされています。大量に飲酒している人は、アルコール制限を突如として行うと、血圧上昇をきたすことがあります。しかし、アルコール制限の継続によって、数日後からまた血圧は下がってきます。アルコールの場合、無害の基準はありません。少しでも害は見られるので、普段からアルコールは取らない方が、血圧にはいいでしょう。アルコールの摂取量と高血圧のリスク量は、統計的には、ほとんど比例するのです。また、喫煙においても、動脈硬化を促進することから、生活習慣を見直す必要があります。喫煙は、ベータ遮断薬の降圧効果を減じる作用が含まれているのです。疫学研究から、生活習慣において、寒冷が血圧を上げることが証明されています。季節としては、冬季に特に血圧が高くなるのです。高血圧患者の場合、冬季の寒冷刺激を緩和する必要があることから、トイレや浴室などの暖房も考慮するべきです。入浴の時は、熱過ぎる風呂や冷水浴を避け、サウナもまた好ましくありません。また、便秘に伴う排便時のいきみでは、特に血圧を上昇させることがあるので、注意が必要です。