疲労の蓄積は高血圧に繋がります

疲労の蓄積は高血圧に繋がります

日本人は働き過ぎと言われていますが、毎日のように遅くまで残業をしている方もいるでしょう。誰でも、働くことによって疲労がどんどん蓄積されてしまうと思いますが、疲労の蓄積は高血圧にも繋がってしまうのです。最近では、日本人は長時間労働をしていることによって高血圧の人口が増えているのではないかと懸念されています。

アメリカでは、労働時間と高血圧に関する研究が行われており、労働時間が長ければ長いほど、高血圧の発症率が高くなったという研究データもあるようです。誰でも長時間労働することにより、疲れが溜まることでしょう。自分なりにその疲労を解消しているつもりでも、充分にストレス解消をするのは難しいと思います。ストレスを溜め込むことにより、高血圧以外の病気に繋がる可能性もありますし、そこから睡眠障害に繋がることもあります。眠れない日々を送っている方は特に注意が必要です。

なかなか労働時間を短くすると言っても難しいかもしれませんが、少しでも早く帰り、少しでも早く眠ることが大切です。そして自分がリラックスできる時間を作ることが高血圧予防にも繋がります。毎日長時間労働をしている方は、自分の血圧をチェックしてみましょう。そして、もし高血圧で無かったとしても、今後血圧が上昇する可能性もありますので、毎日高血圧を予防する日常生活を送ることを心がけてみてください。