本態性高血圧症とは何か?3

本態性高血圧症とは何か?3

アフリカ系アメリカ人は、かつて奴隷として、アフリカ大陸より過酷な環境の中、船によって運ばれてきました。この時、生き延びたのが、ナトリウムと水分を身体に貯留出来る形質を有した者だけだと言われています。そして生存競争を生き抜いて、さらなる選択を経て、アメリカで生き残ったとされているのです。こうした遺伝的な素因については、食塩負荷に対して、高血圧を示す個体と、示さない個体とがあることが分かります。こうした遺伝子的研究が、現在まで行われてきているのです。例えば、東京大学の藤田教授の研究チームの場合、食塩感受性高血圧における交感神経による、腎臓ベータアドレナリン―糖質コルチコイド共作動性―WNK4シグナル伝達経路の、エピジェネティック制御について、ネイチャーメディシンに報告しています。本態性高血圧症の検査としては、まず蓄尿によるNa排泄量から、食塩摂取量を測定します。そして、蓄尿が困難な場合には、早朝起床時の2回目となるスポット尿から、食塩摂取量を推定します。