高血圧の原因1

高血圧の原因1

どの病気にも、原因は存在します。高血圧も例外ではありませんが、その原因は、明らかになっていない「本態性高血圧症」と、「ホルモン(動物の体内において、ある決まった器官で合成・分泌されて、血液を通して体内を循環し、別の決まった器官でその効果を発揮する生理活性物質)」異常などによって起き得る「二次性高血圧」とに分けられます。本態性高血圧の場合、原因は単一とは言えません。両親から受け継いだ遺伝的な素因が、生まれてから成長することによって、また高齢化するまでに摂った食事やストレスなどを含めた様々な環境因子によって、修飾されて高血圧が発生するとされています。これは、モザイク説と言われています。例として挙げられるのが、まず動脈硬化症による脳内酸欠です。これは、一般的に病院で高血圧と診断される、大部分の原因として、上行大動脈の動脈硬化症による脳内酸欠を防ぐために、血圧が上がっている状態のことを指します。また遺伝の場合、両親の一方か、両方が高血圧であると、高血圧を発症しやすいと言われています。