高血圧と飛蚊症の関係について

高血圧と飛蚊症の関係について

飛蚊症になる原因はいくつかありますが、高血圧もその一つです。高血圧や糖尿病に罹ると、血管に負担が掛かって出血しやすくなってしまいます。目の中に出血が起こり、目の硝子体という部分に血液が入ってしまうことにより、飛蚊症になることがあるのです。

飛蚊症になってしまったとしても、徐々に症状が改善されるでしょうから、さほど心配する必要はありません。段々と吸収されて元の状態に戻るのですが、あまりにも出血がひどい場合などは、そのまま目の中に血液が残ってしまうこともあります。そうなった時には、レーザーを使って固めることもできますので、そのような方法も検討してみると良いでしょう。

飛蚊症は、空を見た時や明るい場所で、目の前に浮遊物が浮かんでいるように見えることを指します。ずっと浮遊物があることになりますので違和感もあると思いますが、まばたきをしたとしても消えないものなのです。ですから、飛蚊症かどうかは判断しやすいと思います。

高血圧の方は、飛蚊症になる可能性もあるのでなるべく早く血圧を安定させることが大切です。もし飛蚊症になってしまって出血が消えたとしても、高血圧が治っていなければ、再び出血する可能性もあります。