冷え性で高血圧の場合

冷え性で高血圧の場合

高血圧というのは、血圧が高い状態になりますので、そうすると冷え症になることは無いのではないかと思うかもしれません。しかしその考え方は間違いであり、高血圧であることによって冷え症になる可能性は充分に考えられます。

高血圧の場合、血管が収縮するなどして血液の流れが悪くなっている状態なのです。血液の流れが悪くなると、手足に必要な血液が充分に行き届かなくなってしまい、冷え性に繋がる可能性があります。

冷え性は放っておいても良いと思うかもしれませんが、様々なトラブルを引き起こすこともあるのです。冷え症を改善する方法は多々ありますので、改善する努力をしてみると良いでしょう。しかし、体を温めるなどの方法になると思いますが、やり方を誤ってしまうと高血圧を悪化させることもあります。高血圧のことを考えて激しい運動などは避け、あまり体に負担を掛けない方法で冷え症を改善するように心がけましょう。もし心配なのであれば、かかりつけの医師に相談して、その指示に従ってみると良いと思います。

中には、高血圧と冷え症の両方に効果的な漢方もありますので、そのようなものを処方してもらうという方法でも良いでしょう。