高血圧と早起きの関係について

高血圧と早起きの関係について

低血圧の場合は、血圧が低いことによって朝起きるのが苦手だと言われています。反対に高血圧だとどうかというと、朝起きる時には特に問題はありません。しかし、急に立ち上がってしまうと急激に血圧が上昇して倒れてしまう可能性もありますので、ゆっくりと立ち上がるようにすることが大切です。

高血圧の方にとって、十分な睡眠をとることは非常に大切です。ですから、なるべく夜早めに寝て、朝早く起きるように心がけると良いでしょう。早起きをすることにより、急いで支度などをする必要が無くなりますので、血圧の上昇を抑えることにも繋がります。

但し、睡眠時間が短いにも関わらず、早起きを続けるのは良くありません。睡眠不足の状態が長く続くと、更に血圧が上昇しやすくなってしまうのです。早起きをするのであれば充分な睡眠時間を確保するようにしてください。

また、もし睡眠不足の状態になっているのであれば、お昼寝をするだけでも随分と効果的です。ゆっくりとリラックスする時間を作り、高血圧を改善しましょう。