高血圧と寝汗の関係について

高血圧と寝汗の関係について

高血圧で寝汗を大量にかいてしまうという方もいるでしょう。気温が高い時には、誰でも寝汗をかきやすいと思いますが、高血圧であることによって、更に大量に寝汗をかいてしまうこともあります。また、寝汗をかくことによって更に血圧の上昇に繋がる場合がありますので、寝汗対策をとることも大切です。

なぜ寝汗をかくのかというと、暑いというのはもちろんですが、体内に余分な水分があるために、その水分を排出しようとすることから、寝ている間に勝手に汗が出てくるのです。体にとって、汗という形で水分を排出することは大切ですが、それによって血圧が収縮し、更なる血圧の上昇に繋がるとも言われています。

寝汗をかかないようにするためには、必要以上の水分を摂取しないことが大切です。特に、寝る前に水分を摂り過ぎてしまうと、それを排出するために寝汗をかくことになるため、喉が渇いた場合は水分補給をすることが大切ですが、それ以上に水分を摂取しないようにしましょう。