高血圧で眠い、眠れない方へ

高血圧で眠い、眠れない方へ

高血圧で眠かったり、夜になかなか眠れないということもあります。眠れない日々が続くと、ストレスにもなるでしょうし、何か精神的な病気なのではないかと不安に思うこともあるでしょう。不眠は高血圧の症状として挙げられますので、もしかすると血圧が高くなっているかもしれません。不眠だけで高血圧だと判断することはできませんが、できれば一度血圧を測定すると良いでしょう。

人間は興奮すると血圧が上昇しますよね。反対に血圧が低くなると、精神的にも落ち着いて眠りやすくなるのですが、夜になっても血圧が高い場合は、高血圧が原因で眠れなくなってしまうことがあるのです。夜にきちんと眠ることができなければ、日中に眠いという悪循環に陥ってしまいます。人間にとって睡眠は欠かせないからこそ、早めに高血圧を改善する必要があります。

あまりにも眠れない場合は、睡眠薬などを使って眠る方法もあります。抵抗を感じるかもしれませんが、眠れないことによって様々なトラブルにも繋がる可能性がありますので、それを防ぐためには、薬を使うことも考えた方が良いかもしれません。

もちろん、その人の症状にもよりますので、薬を利用する場合も利用しない場合も、きちんと医師の話を聞き、納得した上で服用することが大切です。副作用が現れる可能性がありますし、睡眠薬を手放せなくなってしまう方もいますので、そうならないように、きちんと用法用量を守るようにしましょう。