高血圧と熱の関係について

高血圧と熱の関係について

高血圧の症状として、熱っぽくなってしまうという場合もあります。体内に熱がこもってしまうことによって血圧が上昇する方もいるのですが、その原因は極度のストレスだと言われていますので、ストレスを溜め込みやすい方は注意が必要です。

このことを、血熱という言い方をする場合もありますが、血熱に効果的な漢方薬もありますので、そのようなものを利用すると、高血圧を改善すると同時に熱っぽさも緩和されるのではないでしょうか。血熱を改善する漢方薬は、便秘や生理不順などの改善にも効果的だと言われています。

また、高血圧によってのぼせてしまうという症状が現れることもあります。のぼせるという状態も、熱っぽさと似ていると言えますので注意が必要です。場合によっては気分が悪くなってしまい、倒れてしまう可能性もあります。体調が悪いと感じた時は無理をせずに、血圧が安定するまで安静にするようにしましょう。また、薬の副作用などによって熱が出てしまう場合もありますので、その場合は医師に相談してみると良いですね。特に高齢者の方は、熱が出ていることに気付きにくいこともありますので、気になる症状が現れた場合は、医師や周囲の人に相談してみましょう。