寝起きの高血圧について

寝起きの高血圧について

朝起きた時というのは、一般的にはまだ血圧が低い状態にあります。朝起きてから、徐々に血圧が上昇していき、夜になるに従って血圧が下がるという特徴があるのです。寝ている間も血圧が低い状態が続き、朝になって血圧が上昇するという流れになるのですが、高血圧の方は、夜も血圧が高い状態であったり、寝起きも血圧が高い状態であることは珍しくありません。

血圧というのは、起床時に測ることが大切です。通常であれば低いはずの時間帯に計測することにより、高血圧かどうかが判断しやすいのです。ですから、高血圧かどうか分からないという方は、起床時に血圧を測定するようにしましょう。高血圧の方も、毎日血圧は測定した方が良いと言われていますので、起床時に計測してみてください。