日本人に多い高血圧

日本人に多い高血圧

高血圧は、日本人に多いと言われています。特に、40歳以降に高血圧で悩む方が多いと言われているのですが、40歳から74歳の高血圧の割合は、女性で40%、男性で60%にもなると言われています。これだけ多くの方が高血圧という状態になりますので、決して甘く見てはいけません。高血圧は生活習慣病の一つですから、生活習慣が原因で、血圧が上昇することは珍しくないのです。自分は健康的な生活習慣が送れていると自信を持って言える方は少ないのではないかと思いますので、きちんと高血圧かどうかを調べることが大切です。

現代は高血圧の人口が増えていると言われていますが、平均血圧自体は昔に比べると減少傾向にあります。なぜ平均血圧が低くなっているのかというと、最近では高血圧に対する治療も進んでおり、降圧剤などを使用して、手軽に血圧の上昇を抑えることができるようになったからだと言えるでしょう。だからと言って、決して安心してはいけません。高血圧を完治するためには、自分の努力も必要になりますし、高血圧になったからと言っても、病院に行かない方もいるのです。高血圧の合併症である脳卒中などに罹る人も多いですから、高血圧になってしまった場合や健康診断で血圧がひっかかってしまった場合は、必ず受診するようにしましょう。日本人にとって高血圧は非常に大きな問題なのです。