「白衣高血圧」とは何か?

「白衣高血圧」とは何か?

仮面高血圧とは、全く逆の状態として、「白衣高血圧(はくいこうけつあつ)」が挙げられます。白衣高血圧は、病院の診察室などでは普段よりも高い血圧が計測される現象のことを指します。別称として、白衣症候群やホワイトコート症候群があります。血圧は、自律神経系の作用で変化していると言われています。だからこそ、自律神経系の作用は、精神状態に大きく左右されるわけです。よって家庭で計測する場合は正常血圧にあっても、診察室に入って医師や看護師を目の前にすると緊張してしまい、血圧が上昇することがあります。こうした白衣高血圧による誤診を避けるために、本人の慣れや医療スタッフの態度、さらには医院や病院の構造などへの配慮が必要だと考えられています。現在、家庭用の血圧計は、安価で販売されているので、手に入りやすくなっています。これを使用して、常日頃から家庭で血圧を測定する習慣を付ける手段も有効です。また、自律神経系の作用においても、1日のうちに変動があることから、血圧を測るタイミングとしては、基本的に朝で、朝食前の排尿や排便後、それか夕方が良いとされています。