ナトリウムはなぜ高血圧に繋がる?

ナトリウムはなぜ高血圧に繋がる?

食塩の中にはナトリウムが含まれているのですが、このナトリウムが高血圧を上昇させる大きな原因だと言われています。人間にとって、ナトリウムは必要な栄養素ではありますが、過剰に摂取すると、血圧を上昇させてしまうのです。

体というのは、常にナトリウムの濃度を一定に保とうとするものなのですが、ナトリウムを過剰に摂取してしまうと、ナトリウムの濃度を低くするために、水が必要だという指示が出ます。その時に充分な量の水を飲むことができれば良いですが、なかなか水を飲めないこともあるでしょうし、あまりにも多くのナトリウムを摂取してしまうと、濃度を一定に保つことが難しくなってしまいます。

血管の中にもナトリウムが存在しますが、血管内のナトリウム濃度を低くするために、血管に多くの水分が存在するようになります。そうすると、結果的に血液の量が増えることになるため、血管への負担も大きくなるというわけです。

このように、ナトリウムの摂取量が多いと、血圧上昇に繋がってしまいますし、そのまま血管に負担が掛かりすぎてしまうと、血管が破れてしまうなどのトラブルにも繋がります。そうならないためにも、ナトリウム、つまり塩分の摂取を抑えることがポイントです。