どちらも恐ろしい高血圧と糖尿病

どちらも恐ろしい高血圧と糖尿病

高血圧と糖尿病というのは関係がある病気だと言われていますが、どちらも恐ろしい病気ですよね。どちらに罹っていても、すぐに死に至る病気ではありません。しかし、そのまま放置すると、どちらも命に関わる合併症を引き起こす可能性がありますので、少しでも早く完治することが大切なのです。

高血圧の人は糖尿病に罹りやすいですし、糖尿病の方は高血圧に罹りやすいと言われています。もしかすると、自分では気づかなくても既に合併症を引き起こしている可能性もありますので、糖尿病かどうかを自分で調べるのは大変でしょうが、糖尿病の方は、一度血圧を測定して、高血圧ではないか確かめてみた方が良いでしょう。

糖尿病というのは、血糖値が高い状態のことを言いますが、血糖値が高いと、体内ではインスリンが分泌されることになります。インスリンが大量に分泌されると、腎臓機能が衰えてしまったり、交感神経の働きが活発になるということに繋がります。これらは高血圧に繋がりますので、このようなことによって、糖尿病から高血圧を発症することがあるのです。

特に肥満の方は、糖尿病にも高血圧にも罹りやすくなりますので、たとえ今の段階でどちらも発症していなかったとしても、食生活を改善して病気を予防することが大切です。