高血圧の方は低体温に注意しましょう

高血圧の方は低体温に注意しましょう

高血圧の方の中には、低体温の方もいます。低体温は、そこまで健康を害することは無いと思うかもしれませんが、実は低体温には気を付けた方が良いのです。特に高血圧の方は、低体温であることによって、合併症を引き起こす可能性もありますので、まずは自分の体温を測ってみましょう。

なぜ高血圧の方は低体温に気を付けなければならないのかというと、低体温であることにより、血液の中に存在する脂が血管の中で詰まってしまい、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性があるからです。

血液の成分には脂が含まれていますが、体温が低くなることにより、この脂が固まってしまうことがあります。そうすると、血管の中に固まった脂が存在することになるため、当然血液の流れは悪くなってしまいますよね。血液の流れが悪くなるということは、血圧が上昇するということになるため、高血圧に繋がるのです。ですから、血液の流れを促進するためにも、体温を高めることが大切です。全身が温まれば、自然と血液の温度も上昇するため、脂が固まりにくくなります。だからこそ、高血圧と低体温には深い関係があるのです。