高血圧の方はつまみを控えましょう

高血圧の方はつまみを控えましょう

高血圧の方の中には、毎日のようにお酒を飲んでいる方もいますよね。確かに、お酒が毎日の楽しみになっていると、なかなかやめられないことでしょう。しかし、高血圧の方の場合は、お酒によって血圧が上昇しやすくなってしまいますので、お酒自体を控えた方が良いと言われています。

その上、おつまみを食べる方もいるでしょうが、つまみも避けなければなりません。お酒と一緒に食べるからこそ、つまみは味の濃いものが多いのです。塩分も多く含まれている場合がありますが、塩分も血圧の上昇に大きく関係しているため、少しお酒を飲むにしても、つまみは食べないようにしましょう。つまみを食べるか食べないかによって、血圧の上昇は大きく変わるのです。お酒を飲んでいると口が寂しくなるでしょうが、その時には、なるべく血圧を上昇させないような食べ物を食べるようにすると良いですね。

また、お酒自体も、なるべく量を減らすようにしてみてください。つまみが無いと、その分お酒を飲んでしまうかもしれませんが、お酒の過剰摂取は血圧にも良くありませんし、合併症に繋がる可能性もあります。毎日飲むものだからこそ、少しずつ量を減らしていくことが大切です。