痛風と高血圧には関係があるのでしょうか?

痛風と高血圧には関係があるのでしょうか?

痛風と高血圧には深い関係があり、痛風であることによって、高血圧という合併症を引き起こす可能性があります。高血圧は生活習慣病の一つであり、一度高血圧に罹ってしまうと、なかなか血圧が下がらず、更なる合併症で悩まされる可能性があります。高血圧の合併症は、命に関わる危険な動脈硬化などもありますので、痛風から様々な病気に繋がる可能性があるのです。痛風だけであれば大したことが無いと思うかもしれませんが、そこから高血圧に繋がることを考えると、なるべく早く治療をすることが大切です。

また、痛風の方の半分以上は高血圧であるとも言われていますので、合併症を引き起こす可能性はそれだけ高いと言えます。反対に、高血圧から痛風に罹ってしまうこともありますし、高血圧を治療するための薬の作用によって、尿酸値が高くなって痛風に罹る危険性もあります。どちらも避けたい病気の一つですから、既にどちらかの症状が現れていないか確認することをおすすめします。もし気になる症状が現れているのであれば、一度受診しておいた方が良いでしょう。