早朝高血圧の方は合併症に注意しましょう

早朝高血圧の方は合併症に注意しましょう

高血圧の種類として、早朝高血圧というものがあります。通常は、夜になるに従って血圧が下がるものですが、血圧が下がらずに、そのまま朝を迎えるという方もいます。これも早朝高血圧なのですが、早朝高血圧の場合は、脳疾患や心血管疾患に罹る可能性が非常に高まります。一般の方のおよそ3倍から6倍とも言われていますので、なるべく早く早朝高血圧を改善しなければなりません。

また、加齢に伴って、早朝高血圧になりやすいとも言われていますので、高齢の方は特に早朝高血圧に注意しましょう。高血圧が原因で、心不全や睡眠時無呼吸症候群、糖尿病に罹る人も増えるのです。

また、夜と朝に血圧を測定すれば分かるのですが、朝と夜の血圧の差が大きすぎることをモーニングサージと言いますが、この場合も、脳卒中という高血圧の合併症を引き起こす危険性が高まるのです。早朝高血圧の方は、モーニングサージではないか調べるために、朝だけでなく、寝る前も血圧を測定してみましょう。

早朝高血圧は、特に高血圧の合併症を引き起こすことがありますので、なるべく早く改善することが大切です。医師に相談をしても良いですし、血圧を安定する方法も多々ありますので、そのような方法を実践してみてはいかがでしょうか。