高血圧で咳は出るものなのでしょうか?

高血圧で咳は出るものなのでしょうか?

高血圧には様々な症状があると言われていますが、咳で悩まされている人もいるようです。咳というのは、高血圧であることによって起こるのではなく、高血圧の治療に使われる降圧剤などの薬の副作用によって起こると言われています。

咳が頻繁に出てしまうと、自分自身も辛いでしょうし、周囲も風邪なのではないかと、不安になってしまうこともあるでしょう。咳というのは、肺にも負担が掛かってしまいますので、もし薬の作用によって咳が頻繁に出ているのであれば、医師に相談してみた方が良いでしょう。必ずしも、降圧剤を服用することで咳が出るわけではありませんので、その症状を伝えることで、咳が出ない降圧剤を処方してもらうことができる可能性もあります。

咳というのは、アンジオテンシン変換酵素阻害薬などの副作用として現れると言われています。処方される時点で副作用の説明を受けると思いますので、最初に副作用を確認した上で、薬を服用するようにすることをおすすめします。それによって、トラブルを避けることができるかもしれません。

また、高血圧であることにより、吐き気を生じることもあります。吐き気を生じるというのは、決して良いことではありません。まず吐き気を感じた時には、安静にすることが大切ですが、あまりにも頻繁に吐き気を感じるのであれば、受診した方が良いでしょう。高血圧による合併症が起こっている可能性もあります。