高血圧と水分の摂取について

高血圧と水分の摂取について

みなさんは、意識的に水分を摂取しているでしょうか。多くの方は、無意識のうちに、喉が渇いた時に水分を摂取しているでしょうし、体のことを考えて、水分を摂取するように心がけているという方は少ないかもしれません。

水分を多く摂取することは、美容にも良いと言われているため、女性であれば水分を摂取するように心がけている方もいるでしょうが、実は水分の摂取は高血圧対策にも繋がります。ですから、高血圧の方は、なるべく水分を摂取することを意識した方が良いのです。

人間の体内には、多くの水分が存在していますが、血液の中にも水分はあります。人間は、尿を出したり、汗をかいたりすることにより、自然と体内の水分を排出しているのです。だからこそ、その分の水分を補う必要があります。特に、血液の水分が失われてしまうと、血液の流れが悪くなってしまい、血栓などが出来て、動脈硬化に繋がる可能性もあります。これは、高血圧の合併症でもありますが、それだけ大きな影響を与えるものですから、なるべく定期的に水分を摂取するようにしましょう。

水分を摂取するのは夏だけで良いと思うかもしれませんが、そのようなことはありません。確かに、夏が最も水分を排出するでしょうが、それ以外の季節であっても、水分の摂取を怠らないようにしましょう。水分と言っても、ジュースなどは良くありません。糖分が多く含まれていますので、あまり飲みすぎると糖尿病に繋がる可能性もあります。飲むであれば、普通の水かお茶などにしましょう。これは、高血圧以外の病気の予防にも繋がりますし、手軽にできることですから、早速実行してみてはいかがでしょうか。