高血圧の数値を把握しておきましょう

高血圧の数値を把握しておきましょう

血圧というのは、1日の中で変動するというのが一般的ですが、毎日同じ時間に計測をすると、自分の血圧がどのくらいなのか把握することができます。血圧を測定するためには、毎日なるべく同じ時間に測定しなければ意味がありません。まずは自分の血圧を把握することが、高血圧かどうかを判断することに繋がります。

そして、高血圧というのは、どのくらいの数値のことを指すのかという点も大切ですね。誰でも血圧の数値を見ただけでは、高いのか低いのか分からないと思います。最大血圧と最低血圧がありますので、どちらか一方だけ高いということもあるのです。ですから油断は禁物です。

高血圧というのは、最小血圧が90以上、最大血圧が140以上の場合を指します。大体この数値だけ覚えておけば、それと自分の数値を比較すれば良いですから分かりやすいと思います。また、この数値に近いという場合も注意が必要です。油断をして、塩分を摂取しすぎてしまうと、徐々に血圧は上昇してしまい、いつの間にか高血圧になっていたということも考えられますので、なるべく定期的に血圧を測定するようにしましょう。