高血圧にサウナがなぜ悪いのでしょうか?

高血圧にサウナがなぜ悪いのでしょうか?

高血圧の方はサウナには注意した方が良いと言われていますが、具体的にサウナが高血圧にどう作用するのかを把握しておいた方が良いでしょう。そうすることで、高血圧によるトラブルを防ぐことができます。

サウナというのは、非常に暑い場所であり、血圧も急激に上昇することになります。サウナを長時間利用する場合は、ずっとサウナに入り続けるのではなく、途中で水風呂に入り、再びサウナに入るということを繰り返すことでしょう。そうすると、血管が拡張したり、収縮したりしますから、高血圧の方は倒れてしまう危険性もあります。血圧の変動を大きくするのは、決して止めてください。これはサウナに限ったことではありません。

温泉に入るだけでも、急激に血圧が上昇しますから、温泉自体もできれば避けた方が良いですね。高血圧の方は、日常生活においても気を付けなければならないことが多いですから大変だとは思いますが、それが合併症の予防にも繋がりますし、高血圧の悪化を防ぐことにも繋がります。高血圧も悪化してしまうと、命に関わる危険性が高まりますので、サウナはできるだけ入らないようにしましょう。