更年期の高血圧に注意しましょう

更年期の高血圧に注意しましょう

更年期になると、様々な病気に罹りやすいという特長があります。その一つとして高血圧があります。高血圧は、最近若い人でも起こることが増えていますが、年齢を重ねるにつれて高血圧になりやすくなりますので、更年期の場合は特に注意しなければなりません。

女性は、更年期障害も気になると思いますが、それだけ更年期に受ける影響が大きいということです。女性は特に更年期に高血圧になる人が増えています。高血圧の有病率は、50代になると39.2%にもなりますし、60代になると57.6%になります。40代の時には14.2%ですから、ちょうど更年期の時期に急激に増えるということになります。

更年期になると、女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れることになります。ホルモンバランスが崩れると、自律神経の働きまで乱れてしまうため、血圧が上昇することがあると言われています。つまり、ホルモンバランスが崩れないように気を付けることにより、更年期の高血圧を防ぐことができるのです。

たとえば、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを摂取するように心がけるだけでも良いでしょう。そのような栄養素をサプリメントからでも食事からでも構いませんので、毎日摂取するようにすると、高血圧だけでなく、更年期障害をも防ぐことができます。