高血圧の薬の危険性について

高血圧の薬の危険性について

高血圧の薬というと、降圧剤というものが処方されることが多いと言われています。病院で高血圧だと診断された場合、生活習慣の改善だけで済むこともあれば、降圧剤などを使って、血圧の上昇を抑える必要があると判断されることもあるのです。薬を飲むとなると、抵抗を感じる方もいるでしょう。特に高血圧の場合は、長期的に飲む必要がありますので、副作用なども気になりますよね。

降圧剤の場合、残念ながら副作用が無いというわけではありません。薬の種類によって、副作用にも違いがありますが、たとえば顔のほてりやめまい、手足のむくみ、動悸、脈が速くなるなどの副作用が報告されているのです。また、糖尿病や痛風に繋がる可能性もあることから、降圧剤を処方したくないと感じる方も多いでしょう。

確かに、このような危険性はありますが、必ずしもこのような副作用が現れるとは限りませんし、降圧剤が処方されるということは、それだけ血圧が高いということになります。高血圧のまま放っておくと、命に関わる合併症を引き起こすことも考えられますので、それを考えれば、まだ副作用に悩まされる方が良いのではないでしょうか。確かに不安はあると思いますが、不安なことは医師に相談をして、納得した上で薬を服用するようにしましょう。