なぜ筋トレは高血圧に悪いのでしょうか?

なぜ筋トレは高血圧に悪いのでしょうか?

健康のために筋トレを行っている方も多いでしょう。筋トレを行うことは良いことですが、高血圧の方は、筋トレには注意しなければなりません。筋トレの方法にもよりますが、筋トレをする時には、息を止めることが多いですよね。特に、慣れていない方というのは、息を止めてしまうことが多いため、その時に血圧が急激に上昇しやすいという特徴があります。

高血圧の方が運動をする時には、筋トレに限らず、かかりつけの医師に相談した方が良いと言われています。ですから、筋トレをする場合も、自分の意思で行うのではなく、医師に確認した方が安心です。筋トレの中には、息を止めずにできるものもありますし、慣れてくれば、息を止めることも少なくなるでしょう。たとえば、スクワットなどでも良いと思います。

なるべく息を止めないということを意識すれば問題ないですし、激しい運動でなければ高血圧に大きく影響を与えるということは無いでしょう。もしそれが難しいようであれば、もっと手軽にできる運動から始めてみてはいかがでしょうか。高血圧の場合は、運動自体をしてはいけないのではなく、適度な運動であれば、反対に高血圧対策にも繋がるのです。