高血圧の方向けのお酒の飲み方

高血圧の方向けのお酒の飲み方

お酒と高血圧には深い関係があり、お酒を飲むことによって、血圧が上昇すると言われています。お酒を飲むと、血管が広がり、血圧が上昇するという仕組みになっています。アルコールには、そのような作用があるのです。ですから、お酒は大量に飲まない様にしなくてはなりません。できるのであれば、禁酒をすることをおすすめします。お酒は、肝臓を傷めることにも繋がります。

高血圧の方のお酒の上手な飲み方としては、お酒を適量に抑えるということです。できれば、毎日グラス1杯ぐらいに抑えると、血管を広げて、血液の流れを促進することができるため、高血圧対策になります。

高血圧の治療を受けている場合は、かかりつけの医師から、お酒についてのアドバイスも受けることでしょう。その場合は、医師の指示に従うようにしてください。また、お酒を飲んでいる時には、おつまみも食べたくなってしまうでしょうが、なるべく塩分が含まれているものは避けるようにしてください。完全に禁酒しなければならないというわけではありませんので、一気に量を減らせないのであれば、徐々に減らしていきましょう。